センター概要

ご挨拶

当院は大分市南西部に位置し、大分市内をはじめ由布・豊肥地区を含めた周辺の2次救急医療機関としてその大きな役割と期待が寄せられていることを日々強く感じております。

2013年10月に三愛消化器病センターを設立後、たくさんの患者様に検査・治療を受けて頂き、充実した医療を展開できていることを実感するとともに、センターの担う責任も大きくなっていることを日々感じております。2016年6月に完成した新棟・診療体制の更なる拡充・最新内視鏡・透視機器の整備により「消化器病・内視鏡センター」として新たにスタートする運びとなりました。

現在、消化器内視鏡学会指導医2名、消化器内視鏡専門医3名を含め、消化器内科・外科医師5名と内視鏡治療に専門的な技術を持つ消化器内視鏡技師、看護師による充実した体制で検査・治療を行っています。

あらゆる消化器疾患の診断から治療までを一貫して行うことができることに加え、特に消化器がんに関しては早期発見・治療を目標に、内視鏡治療や外科治療にこれまで以上に邁進してゆく所存です。

最後に、医療を通じて地域の皆様方のお役に立てるよう、職員一同努力してまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

消化器病・内視鏡センター長
錦織 英史

消化器外科は、消化器(人体における食物の摂取及び吸収・排泄に関わる内臓のこと、食道・胃・小腸・大腸・肛門に加え消化液の産生を行う臓器として肝臓・胆道・すい臓)の疾患に対する外科治療(主に手術)を担当します。

当院外科では、手術の仲では特に難しいとされる胃がんの腹腔鏡下手術と肝臓がん、胆道がん、すい臓がんの手術は、各々関東・大阪の大学病院で手術研修を行った専門医が担当します。

また当院は麻酔科専門医が常勤していることで緊急手術にも即座に対応できます。麻酔科専門医と外科専門医が常勤し、最良の治療を行える体制となっております。

消化器外科部長
藤原 省三

診療方針

当センターでは、あらゆる消化器疾患の診断から治療まで一貫した幅広い診療を専門スタッフにより行っていきます。特に消化器がんに関しては早期発見・早期治療を心掛け、患者様の意思を尊重した最良の医療提供を目指します。

2次救急医療機関として緊急内視鏡・外科治療を含む、腹部救急疾患にも対応するとともに、他の医療機関との連携を図ることで地域医療に貢献します。 
また本人やご家族に最適な治療を受けて頂けるよう、詳しく説明をし、ご納得頂いた上で治療を行います。

内視鏡専門資格を有する医療スタッフと外科医による最良の診断・治療

消化器内視鏡学会指導医・専門医の資格を有する医師に加え、内視鏡治療の専門技術をもつ内視鏡技師・看護師での診療体制で検査を行います。

検査で見つかった病気は、消化器病・内視鏡専門医と外科専門医の診断により、最も適切な治療を受けることが出来ます。

優しい内視鏡検査

当センターでは、患者様に負担の少ない検査を心掛けている為、体に優しい麻酔や負担の少ないカプセル内視鏡などを導入しています。

また女性の方に配慮して、ご希望により女性の内視鏡専門医による診察・検査を積極的に行っており、少しでも検査に対する不安を取りのぞくように取り組んでいます。

健診センターとの連携

当院は、大分県では数少ない、健診センター(三愛総合健診センター)と中核病院(大分三愛メディカルセンター)が連携した施設となっております。

健診センターで異常が見つかった場合、すぐに消化器病・内視鏡センターで専門的な検査・治療について相談することが出来ます。

健診センターでの検査情報は一括で管理されており、すぐに消化器病・内視鏡センターの医師が把握できるようになっている為、外来受診や検査がスムーズですし、紹介状などの面倒な手続きも必要ありません。

当院の三愛総合健診センターを、ご活用頂ければ幸いです。
詳しくは三愛総合健診センターのホームページをご覧ください。

三愛総合健診センターのホームページはこちら