治療・手術から探す

基本的に当院では消化器疾患に関する治療は全て可能です。 中でも当院で多く行われている治療についてご紹介いたします。

内科治療

内視鏡を使った治療(お腹を切らない治療)

腫瘍(がんなど)に対する内視鏡治療

内視鏡的粘膜切開剥離術(ESD):消化管早期がん治療
胃・大腸・食道・十二指腸・咽頭の早期がんや大きいポリープに対してお腹を切らず、内視鏡で腫瘍を切除する方法です。
詳しくはこちら
内視鏡的粘膜切除術(EMR)コールドポリペクトミー:消化管ポリープ治療
主にサイズの小さい大腸ポリープを内視鏡で切除する方法です。
詳しくはこちら

進行がんに対する内視鏡治療・緩和治療

内視鏡的胆管膵管ドレナージ(ERBD・ERPD):すい臓・胆管がんによる閉塞性黄疸
すい臓がんや胆管がんによる胆管・膵管狭窄に対し消化液の流れる道を作る治療です。
詳しくはこちら
消化管金属ステント留置術:消化管進行がん治療
主にがんによる食道・十二指腸・大腸の狭窄に対して食事や便の流れる道を作る治療です。
詳しくはこちら
超音波内視鏡下胆道ドレナージ(EUS-BD)
通常の内視鏡治療(ERCP)が困難な胆管がんに対し超音波内視鏡を用いて内瘻化(体内でのドレナージ)が可能な治療です。(※通常は体の外にチューブをつなぐ方法がとられます)近隣の中核病院からも患者様をご紹介頂き、治療を行っています。
詳しくはこちら
超音波内視鏡下腹腔神経叢ブロック・融解術(EUS-CPN)
すい臓がんなどの進行がんによる痛み(癌性疼痛)を緩和する治療です。通常の麻薬などの緩和と違い、神経に直接薬剤を注入することで比較的長い期間の疼痛緩和が得られます。
詳しくはこちら

良性疾患に対する内視鏡治療

消化管出血止血術
潰瘍や静脈瘤といった出血を伴う病気に対し、内視鏡で止血を行います。
詳しくはこちら
内視鏡的乳頭切開術(EST):総胆管結石治療
胆汁の流れる道である総胆管にできた結石(総胆管結石)に対して内視鏡で石を除去します。
詳しくはこちら
超音波内視鏡下膵のう胞ドレナージ(EUS-CD)
膵炎後などの仮性膵のう胞に対して、外科手術をせずに内視鏡で治療する方法です。胃や十二指腸とのう胞の間に道を作り(ステント留置)ドレナージを行います。
詳しくはこちら

その他の治療

ラジオ波焼灼術(RFA)・肝動脈化学塞栓術(TACE):肝臓がん治療
肝臓のがんに対しお腹を切らずに体外から針を刺して、腫瘍を焼く治療と血管内から行うがん治療です。
詳しくはこちら

外科治療

主に手術治療となります。
可能な限り患者さんに負担の少ない腹腔鏡手術を行っております。

手術治療

抗がん剤治療

抗がん剤治療
手術のできない進行したがんや手術後の再発を予防する目的で行っています。外科・内科・放射線科の専門医師が最新の化学療法を提供します。
詳しくはこちら

その他にもあらゆる消化器疾患の治療を行っております。

病名や症状から探す